前へ
次へ

医療に使ったお金の一部が戻ってくるかも

毎年の確定申告の際に、少しでも出費が戻ってこないかと思う人もいるかと思います。そんな時に見直しておきたいのが、病院での治療等、医療に使ったお金です。この制度は簡単に言うと、1年間で医療にかけたお金が10万円を超えると、その分が戻ってくるという制度になります。しかし、この計算方法は年間の総所得が200万円を超えている場合で、200万円未満の場合は総所得の5%が基準の金額になります。この基準になる金額を使っているかどうかは、申請する個人の金額だけでなく、家族等といった生計を共にする人の使った金額も合算されます。では、具体的にどのような出費が医療費控除として認められるのでしょうか。まずは、病院への通院や入院に関してですが、実際の治療費や交通費等といったほとんどの行為において認められます。ただ、医師や看護師等への個人的な謝礼等一部の出費は認められません。また、病気の治療に利用する市販薬も控除の対象になり得ます。健康の意地や美容目的等、病気の治療に直接関係ないサプリメント等は認められない事がほとんどです。その他、歯科治療においても虫歯治療や生活においての不便を解消するための歯列矯正は認められますが、審美性を高める目的の歯列矯正は認められないでしょう。

Page Top