前へ
次へ

ボトックスとマウスピース矯正を体験して

近くの美容皮膚科でボトックス注射を受けました。ボトックス注射はダウンタイムがないのが特長で、腫れや炎症が生じることはありませんでした。肝心の顔はほっそりとして、若いころの輪郭に戻った感じです。医師からは噛みしめ・食いしばりの癖があると、咬筋が発達すると言われました。普段はこうした癖はないと自覚しているので、おそらく睡眠時に行っているのでしょう。そういえば寝起きに歯が痛いと感じることが何度かあったので、就寝中に噛みしめ・食いしばりをしているのかもしれません。そこで医師からはマウスピースを使用した矯正を推奨され、着用しているうちに歯の痛み・顎の疲れなどを感じなくなりました。顔太りを解消するためには咬筋の緩和が効果的ですが、同時に予防対策も並行する必要があるそうです。 美容皮膚科は健康保険証を提示する必要がありませんでした。顔痩せは美容施術の一つであり、一般的な病気治療と区別されているそうです。保険の類はすべて使えませんが、こちらの意見をしっかりと聞いてくれるのはよかったです。

Page Top